2017年09月20日

この時期、体のダルさが抜けない、ずっと眠い理由

日照時間の短くなる秋〜冬にのみ、うつ症状(やる気が起きない、ゆううつ、気分が沈む、体のダルさなど)が出現する【冬季うつ】。


これは、冬の日照量が少なくなることにより、眠りホルモンである、メラトニンが少なくなり、夜の眠りが浅くなったり、体のリズムが崩れることにより起こります。

メラトニンは、朝起きて日光を浴びてから約16時間後に出るホルモンです。

朝起きたら、まずはカーテンを開けて日光を浴びてみてください。
体のリズムが整って、楽になりますよ(^-^)
posted by kakara at 17:27| Comment(0) | 日記