2017年11月27日

中小にこそストレスチェックを

先日、10名規模の企業様のストレスチェックのオーダーをいただきました。

これは代表取締役のお言葉です。

「中小企業だからこそ、ストレスチェックはやるべきだと思うんです。
ストレスチェックは従業員のストレス状況を客観的に知るには良いツールですよね」
ビル.png
おっしゃるとおりです。
ひとりの従業員が欠けることで受けるダメージははかりしれません。
中小企業にこそ、健康診断と併せて、こころの健康診断も受ける流れが必要だと思います。
無題.png
posted by kakara at 20:15| Comment(0) | 日記

2017年09月21日

「この時期、体のダルさが抜けない、ずっと眠い」から抜け出すために

前頁で、「日照時間が短くなることで日照量が少なくなっていることが原因」と書きました。
この時期の「たっぷり寝たのに、疲れが取れない」のは、日照量の不足により、メラトニンが不足し質の良い睡眠がとれていないためです。
メラトニンリズムを整えるために、「朝、しっかり日光を浴びましょう。」と書きました。
meratonin.gif
併せて、夜の光を抑えましょう。

現代社会は、コンビニやスーパーも24時間営業していたり、携帯電話やパソコンなどのブルーライト、家庭の照明もLED化しているなど、夜でも昼間のような明るさです。

夜勤がある勤務形態の方には、メラトニン不足を解消するために、出勤前コンビニに寄ることをオススメしています。ってくらい、明るいということです。

夜にこれだけ光を浴びていれば、メラトニンがしっかりでなくて当然です。

翌朝のスッキリとした目覚め、パフォーマンスをあげるためにも、
「朝はたくさん光を浴び、夜は照明を落とす」
を心がけてくださいね。
posted by kakara at 22:36| Comment(0) | 日記

2017年09月20日

この時期、体のダルさが抜けない、ずっと眠い理由

日照時間の短くなる秋〜冬にのみ、うつ症状(やる気が起きない、ゆううつ、気分が沈む、体のダルさなど)が出現する【冬季うつ】。


これは、冬の日照量が少なくなることにより、眠りホルモンである、メラトニンが少なくなり、夜の眠りが浅くなったり、体のリズムが崩れることにより起こります。

メラトニンは、朝起きて日光を浴びてから約16時間後に出るホルモンです。

朝起きたら、まずはカーテンを開けて日光を浴びてみてください。
体のリズムが整って、楽になりますよ(^-^)
posted by kakara at 17:27| Comment(0) | 日記